セフレの誘い文句は「ご飯食べに行こうよ」

セフレの誘い文句は「ご飯食べに行こうよ」

相手とどんな関係なのかで誘い文句が変わりますし、異性と同性でも誘い方が違ってくると思います。
例えば昔からの同級生の同性の友達を誘うのなら「今からご飯いかない?」って感じで軽く誘って見て相手の反応を見て、何時位にどこに行くのか何を食べるのかをメールでやり取りすると思います。
付き合っている彼女や彼氏の場合はあまり急に誘って会うって事はないでしょうけど、予定が変更になってヒマになったのなら「今日の夜会える?」って感じで誘うと思います。

友達や恋人ならあまり深く考えないで誘うのが一般的なのですが、これが男女の関係であるセフレの場合は良く考えて誘わないといけません。
相手が何が好きなのか好みを知っておく事も重要です。
会って食事に行って飲んで最終的にはホテルに誘うのですから、相手がついつい来てしまうような誘い文句を使わないといけません。


相手がお肉が大好きな女性なら単純に「焼肉行こうよ」だけでは力が足りません。
具体的なお店の名前を出して相手の食欲を刺激するのが効果的です。

また、東京なら銀座とか大阪なら新地とか高級なイメージのある地理を出すのも効果的です。
やっぱり普段食べれないような高価な食事に誘われたら断らずに行きたくなっちゃいますからね。

また、お腹が空いていそうな頃合いに誘うのも効果的です。
ランチを食べた後のお腹いっぱいな状態であろう13時くらいに食事に誘うのはNGです。

長く交流があるのならストレートに「エッチしよう」と誘った方が分かりやすいのでしょうけど、やっぱり相手には気を使いたいものですし、食事くらいしてコミュニケーションを取りたいですよね。
いきなりホテルに呼び出してヤルだけやったら先に帰らせるってのはデリカシーが欠けすぎます。
風俗嬢のような扱いはしないで大切にしてあげましょう。
そう言った細かい心使いが更に夜を盛り上げるポイントとなります。

食事に誘うなり飲みに誘うなりして相手を楽しませる事も忘れないでいましょう。
セフレだからと言ってエッチしかしない関係も窮屈ですし、コミュニケーションは出来るだけとってお互い楽しく長期に渡って遊べる関係を継続させてください。