サクラやセミプロがいない素人女性のユーザーが多い

サクラやセミプロがいない素人女性のユーザーが多い


出会い系を使うにあたって一番大事なのは女性のユーザーが多いと言う事です。
これが全てと言っても過言ではないくらい重要な要素なのですが、ただ見せかけの数に騙されてはいけません。
『総会員数が100万人を突破!』なんてホームページに記載されてあったとしても、それはトータルの数字でしかありません。
運営期間が3年間ならそれまでに会員になったトータル数なので、もう利用していない会員にだけなっている人の数が含まれているからです。
総会員数が100万人だとすれば稼働しているアクティブなユーザー数はその内の5%くらいだと見積もって下さい。
5万人くらいの人が利用しているって感じだと思って下さい。
その内の女性の割合は30%くらいなので男性はハッキリ言ってかなりキツいですね。

その数の少ない女性のユーザーの中でも、サクラやセミプロが混じっています。
ご存じの通りサクラとは一般の女性会員のフリをしている男性から課金させよう運営に雇われて仕事をしている人の事です。

セミプロと呼ばれるのは、割り切りやパパ活を出会い系で行っている商売目的もしくはお金目当てで利用している人たちの事です。
一般の素人女性とは違って単純に恋人探しや遊び相手を探しているわけではないので出会う前に相手の要求を聞いておかないとトラブルになってしまいます。
少なからず出会い系には風俗嬢のようなセミプロがいるので注意して下さいね。


最近何やら若い女子学生から人妻までパパ活と言う好意が流行っているそうです。
言葉は新しく作られたものですが、要は昔からある援助や割り切りって事ですね。
言葉を今風にして罪悪感を消している都合の良い呼び方のパパ活ですが、これは出会い系などでセミプロが作っているような行為です。

そんな人たちを相手にするくらいなら100倍風俗に行った方が気持ちよくなれますし安全です。
個人間のやり取りは危険が一杯でホテルに入ったら見知らぬ男女がと二人っきりになってしまいます。
トラブルに合っても恥ずかしく誰にも言えない泣き寝入りになる可能性が高いので注意して下さい。

サクラもメッセーを交換しているだけで楽しく感じてしまいますが、絶対に出会えない存在とポイントを買ってまでコミュニケーションを取る必要はありません。